入院日記 2/1

記録も兼ねて、入院していたときのことを書いてます。

巨大子宮筋腫手術までの経緯はこちらにまとめてあります。
http://bistarinote.blog36.fc2.com/blog-entry-811.html

2/1(月)
9時消灯ですぐに寝るとどうしても夜中に起きてしまう。
トイレ行ったり、ツイッターやブログを眺めたりしていて
4時頃また寝て検温の時間までぐずぐず寝ている。

朝食は五分粥、味噌汁、白菜の煮物、メインはなんだっけ?そぼろ煮?牛乳


一昨日昨日、スマホであれこれ見過ぎて、速度制限がかかってしまってたが
今日新しい月になって速度制限が外れたので、また動画とか見てしまう。
応援しているジェフがプレシーズンマッチを勝っていて調子がいいので気分よくあれこれ見てしまう。

昼食は七分粥、煮魚、里芋の煮物、にんじんの酢の物?ブドウジュース
おかずが全部写ってなかったのでアングルを変えて撮った(^o^)


午後は背中に刺さったままだった、麻酔の針が外れる。
看護師さんに洗髪してもらう。
シャワーは明日からOKとのこと。
お風呂に入ってないうえに、下から少し出血があるせいか臭う。
トイレに流せるウェットティッシュ持ってきてよかった。

ガスが出るまでお腹が張って痛かったが、トイレに行くようになったらガスが出るようになり
大便も順調に出た。というか、下痢した(^_^;)
抗生剤の副作用とのこと。
ビオフェルミンを出してもらって飲む。
ガスが出るようになっても、お腹が張って痛い。

友人がお見舞いに来てくれて、雑誌を差し入れしてくれた。
ありがたい。
それから東京に出てきていた伯母が時間があったからと言って来てくれた。
伯母とはデイルームまで行ってお話する。
デイルームは病棟の真ん中にある談話室で窓が一面ガラス張りで眺めが良くて気持ち良い。

歩き始めはやはり少し痛いけど、歩くうちに平気になる。
そして戻るとまた少し痛む。
6時間おきにロキソニンを飲んでるのでひどく傷むことはない。

夫は毎日3時きっかりに来てくれて、洗濯物を持ち帰ったり、持ってきてくれたり。
ありがたい。

夕食は全粥、豆腐のスープ、魚の南蛮漬け、マカロニグラタン、リンゴの甘煮
明日からは普通食だ。



日常日記 | 【2016-02-28(Sun) 16:14:45】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

完治しました!

木曜日に退院後の診療を受けに病院に行ってきました。

組織検査も内診も異常なしで、
「これでもう婦人科にかかることもなくなりますね」
と先生に言われて、診察終了。
なんだかボケッとしていて、先生にちゃんとお礼が言えなかったですよ。
まだ診察台にいるのに、先生にじゃあお大事に!って言われて
サッサと次の診察に行かれたので…

先生、お世話になりました。ありがとうございました!

というわけで、完治です。
ちょうど時を同じくして
引きつったような違和感やじくじくした痛みがなくなって
あ、普通に動いていて大丈夫だ、という感じになったのですよ。
ほんとうに治るときはピタッと治るものなんですね。

なので、昨日は普通に施術して大丈夫でした。
昨日から通常に営業しております。

ほんとうにお待たせいたしました。

遠慮なくご予約どんどん入れてくださいね!
お待ちしております!


サロン日誌 | 【2016-02-27(Sat) 16:16:57】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

入院日記 1/31

記録も兼ねて、入院していたときのことを書いてます。

巨大子宮筋腫手術までの経緯はこちらにまとめてあります。
http://bistarinote.blog36.fc2.com/blog-entry-811.html

1/31(日)
夜中に目が覚めて、なんとなくお腹もいたいので座薬を入れてもらって
それでもなかなか眠れなくてスマホ見ているうちに朝方眠れた。

点灯時間が来て、検温で起こされたけど、眠いので朝食の時間までぐずぐず寝ていた。
夜中眠れなくても、昼間寝ればいいだけなので、眠れなくてもあまり気にならない。

食事はまだ。
午前中は持ってきた本「十二国記 風の万里 黎明の空」をどんどん読む。
読み直しなのだが、やっぱり面白い。
老眼でルビがよく読めず、読み飛ばしているところもあるけれど。

午前中はごろごろして過ごして、いよいよ昼食から食事再開。
重湯とコーンスープ。コーヒー豆乳。
コーヒー豆乳がおいしかったなあ。。。


午後は座薬を入れてから、いよいよ歩く訓練。
尿管を外してもらい、看護師さんにヘルプしてもらいながら立ち上がる。
体を起こすと傷が痛むけれど、お腹押えてると緩和するとのことで
片手は点滴台につかまり、片手でお腹を押えてゆっくりゆっくり歩く。

歩き始めると、もうあまり痛くない。動き始めと動き終わりが痛い。
病室の入り口にあるトイレに行き、向かい側の洗面台で歯を磨いて顔を洗う。
さっぱりしたー。
自分で自分のことができるといいね、やっぱり。

ベッドに戻ってみると、少し傷むので飲み薬の痛み止めを飲む。
これは普通にロキソニン。6時間おきに飲んでよいとのこと。
トイレと洗面台まで歩いただけなのに、疲れた~ってことで寝てしまう。
どんどん歩いてくださいね、とのことなのだけど、無理はせず、この日はトイレまで。

夕方、今度は自分ひとりでトイレへ行ってみる。
明日はもう少し遠出しよう。

夕食は三分粥、豆腐と挽肉の煮物、ほうれん草のお吸い物、漬け物、ヨーグルト
ご飯はおかゆだけど、もうちゃんとしたおかずが出るんだな。


夜は少し傷むのでロキソニンを飲む。


日常日記 | 【2016-02-26(Fri) 18:57:05】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

入院日記 1/30

記録も兼ねて、入院していたときのことを書いてます。

巨大子宮筋腫手術までの経緯はこちらにまとめてあります。
http://bistarinote.blog36.fc2.com/blog-entry-811.html

1/30(土)
長い長い夜がようやく明けたなとわかったのは、
落とされていた部屋の照明が付いたのとナースステーションに人声が増えたこと。

朝の検温&血圧測定の後、熱いおしぼりをくれたので顔を拭く。
は~、さっぱり。
目も鼻も口もガビガビだったので、よーくよーく拭き取った。

先生の回診でお腹の中の痛みは子宮と筋腫を靱帯から切り離した痕のせいだと説明があった。
巨大筋腫は子宮の外側にあったのだけど、左側の靱帯に近いところ?に付いてたので
左側が痛むかも、とおっしゃっていたけど、痛いのは右側なんだ…なぜなんだ…
それと子宮と膣を切り離したあと、落ちてこないように吊り上げて止めてあるので
多少つれて痛いかも、とのこと。

朝が来た、というだけで気分も良くなるから不思議だ。
午前中、足のポンプが外されて、看護師さんが体を清拭してくれて、
手術着からパジャマに着替えさせてくれた。
足の着圧ソックスはまだ着けたまま。
そして、一般病室へと移される。
今度は4人部屋。
個室に比べるとやはり狭いし、思った以上に周りの音がうるさい。
我慢できるかなー、できなかったら個室に変えてもらえるかなーなんて
考えていたけど、一日したらすぐ慣れた(笑)

この日はまだ絶食で、食事の時間に同室者のお食事の匂いが漂うのに食べられないのは切なかった。
栄養は点滴から入れているから、
時々思い出したようにお腹が空いても耐えられるのだけど、匂いは食欲を刺激してしまう。

午後はもう動く練習。
ベッドの上半身を立てて体を起こしてみる。
そこからがんばって足を降ろしてみたけど、足を降ろすとお腹が痛む。
この日は起き上がるところまで。

起き上がってみるとなんだか気分が悪く吐き気がするので
看護師さんに訴えると、痛み止めの副作用かもしれないので、
硬膜麻酔の痛み止めをやめて、座薬にしましょう、とのこと。

確かに、座薬に変えたら、起き上がってみても気分悪くならなかった。

午後は夫と母が見舞に来てくれた。
病室を移って、荷物もまだテーブルや棚に置きっぱなしだったので
夫にあれこれ整理してもらった。
毎日来なきゃだめ?と聞かれて、毎日は必要ないかなと思ったけど
どうせ暇なんだから散歩がてら来てよ、とお願いする(笑)

食事という暇つぶしもいまだできず、
ウォークマンで音楽聴いたり、ラジオ聴いたり、本も少しずつ読み始めた。
そして、夜中に目が覚めたら、お隣のいびきとお向かいの物音で眠れなくなって
ついにスマホにも手を出した。
そう、ちょうどサッカーのリオ五輪アジア最終予選の決勝があった日だったのだ。
目が覚めたときはもう試合は終わっていたけど
ツイッターでそのときの様子を追っかけたら、興奮してしまった。
優勝おめでとう!と騒ぎたかったわ~。


日常日記 | 【2016-02-24(Wed) 15:29:44】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

入院日記 1/29

記録も兼ねて、入院していたときのことを書きます。

巨大子宮筋腫手術までの経緯はこちらにまとめてあります。
http://bistarinote.blog36.fc2.com/blog-entry-811.html

1/29(金)
ぐっすり眠れた。
消灯した9時から7時くらいまで、寝過ぎだ~。
手術は9時半から。
朝食は抜きなので、ゴロゴロしていて8時頃手術着に着替えて準備。
1時間前きっちりに夫が来る。
時間見てなかったけど、9時くらい?に看護師さんが来て、
荷物をチェックして、点滴を入れていよいよ、手術室へ。
手術室前で、夫はこちらで待機してくださいと待合室みたいなところへ。

手術台に横たわって、横向きに丸くなって、背中に皮膚麻酔、硬膜麻酔をして仰向け
酸素マスクをかぶせられたらすぐに意識がなくなって
次に声掛けられて目が覚めたら終わってた(当たり前)。

自分的にはあっという間だが、予定2時間のところ4時間弱かかったとのこと。
夫は心配してたらしい。
そりゃ4時間もあんなところで待たされてたらなあ。
気が滅入るだろうし…心配掛けてすまぬ。
危険な状態とかではなく、とにかく筋腫が大きくて内臓が押し退けられてめちゃくちゃだったので
血管など傷つけないように慎重に整理しながら進めていたので時間がかかったとのこと。
出血も300ccくらいで、たいしたことなくて良かったとのこと。

夫は摘出したものを見せてもらったとのこと。
大きくてビックリしたって言ってた。
言葉で見たものをいろいろ説明してくれたけど、
スマホ渡して写真撮っておいてもらえばよかったなあ。

ナースステーション脇のHCUに運ばれてそこで午後から一晩過ごす。
寝ているだけだと傷は痛くない。
が、寒気がひどかったので、お布団をもう1枚かけてもらった。
熱が出る前だったのかな?
そして、排尿感がひどくて我慢できないほど。
尿は尿管を通して流れるので、排尿はされてるのだけど
尿管が慣れなくて排尿感になったのかも。

夫が帰ったのは何時頃かな?
メガネしてないから遠くの壁時計は見えないし、窓のない部屋で時間の経過がまったくわからない。
寒気と排尿感はしばらくしてなくなったけど、今度は背中が痛くてたまらない。
腰よりももう少し上の方。
夕方?先生が様子を見に来た時に訴えたら、「背中が痛いの?」って笑われてしまった。
ベッドにずっと仰向けに寝てたせいだと思うのだけど。
湿布薬を出してもらって看護師さんに貼ってもらった。

寝返りはうってもいいというので、とにかく背中痛緩和のためにゴロゴロ寝返り。
足にはエコノミー症候群防止のポンプが付いていて、しゅぽしゅぽしているのであまり動けないけど。
動くと少し傷が痛む。お腹の中の方が痛い。
硬膜麻酔に痛み止めを入れるボタンを枕もとに置かれて
痛かったら何回押してもいい、というので、痛いなあと思ったら押す。
傷の痛みより背中痛くて眠れないよ、と思ってたけど
痛み止めが背中痛にも効いたので、なんとか眠れた。
しかし、うとうとすると、点滴切れただの、検温だので起こされる。
喉もからからに渇いて、一度うがいをさせてもらったけど、うっかり少し飲んでしまった(^_^;)
背中痛いなあ、傷も時々痛いなあ、痛み止め注入、うとうと、目が覚めた、喉渇いて死にそう、お腹空いたなあ。。。
そんな繰り返しで夜がほんとうに長かった。


日常日記 | 【2016-02-23(Tue) 18:11:05】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

入院日記 1/28

記録も兼ねて、入院していたときのことを書きます。

巨大子宮筋腫手術までの経緯はこちらにまとめてあります。
http://bistarinote.blog36.fc2.com/blog-entry-811.html

1/28(木)

10:00に夫に付き添われて病院へ。入り口の入退院センターにて手続き。
前納金2万円を納める。
4Fの病棟へ。ナースセンターに行って、事務員さんに病室へ案内してもらう。
個室希望はしてなかったけれど、4人部屋が空いてないとのことで個室へ。
トイレシャワーも付いてて、ホテルみたい!
身長体重を量って、病室の説明、転倒防止説明ビデオ見たりして
看護師さんが来て看護の説明、書類の確認。

担当医からの説明は午後になるから、とのことで夫にはいったん帰ってもらう。

昼食。初めての病院食
山菜とろろ蕎麦、厚揚げと野菜の煮物、バナナ


午後、麻酔医、手術室看護師、担当医からそれぞれ手術の説明、承諾書にサインなど。
先生の都合でいろいろ待たされたりして、夫にも一日仕事になってしまった。
仕事辞めてからでよかったなあと思う。

その他、採血、浣腸、下の毛除去が本日の行事。
終わったらシャワー浴びて、ご飯食べて、することなくてもう本を読んだりしてて
消灯(9時)と同時に寝る。

夕食
ご飯、豆腐ハンバーグ?、ほうれん草のお浸し、キャベツの酢の物、みかん



持って行ったもの。
パジャマ(前あき)2、タオル大小3、下着、靴下、上着(院内おでかけ時に羽織る用)、洗面道具(シャンプー、ボディソープも)、洗面器(持ち物として書いてあったから持って行ったけどいらなかった)、ハンガー、上履き(かかとのあるもの)、ティッシュ、ウエットティッシュ(トイレで流せるもの)、コップ、ふりかけ(食事制限がないので)、充電器、延長コード(いらなかった)、ビニール袋各種、小さいバッグ(院内おでかけ時財布など入れる)、S字フック、整理かご(棚やテーブルを整理するのに便利)、ウォークマン(音楽だけでなくラジオ聴けてよかった)、本、スマホ、お金
※腹帯やT字帯など手術で使うものは婦人科セットとして病院で用意してくれた。
※病室内はメールWebはOKでした。wifi はダメ。
※パジャマは前あきを持ってなかったので買って持って行ったけど、一週間くらいだとレンタルの方が安かった。パジャマとタオル大小セットで一日400円だったので。
※テレビと冷蔵庫が付いていて、テレビカード1枚1000円を買ってカードを差すと動く。テレビは1000円で何時間だっけ?(^_^;)



日常日記 | 【2016-02-21(Sun) 15:22:21】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

明日からオープンです!

長い間お休みして申し訳ありませんでした。

いよいよ、明日からびすたーり、営業再開いたします!

といってもまだ様子を見つつなので、
営業時間は14:00~19:00 60分コースのみとさせていただきます。
前日までにご予約ください。

26日から通常営業いたします!

ご予約はHPのカレンダーをご覧の上、ご予約フォーム、お電話でお申し込みください。

よろしくお願い申し上げます!!

サロンのお知らせ | 【2016-02-19(Fri) 16:36:23】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

日にち薬

月日が経つごとに良くなっていくことを「日にち薬」と言います。

療養中ということで家にいるのですが
何もしてないと退屈だったり、はやく仕事したい~と焦ったり、
でも体が気持ちに追いついていません。

退院から10日経ち、そろそろ仕事に向けてリハビリしたいなあと思う半面
時々傷が痛んだり、お腹が痛んだり、体がだるかったりして
まだまだだなあと復帰するのが怖かったりします。

それでも先週の月曜火曜あたりはまだ、
寝たり起きたりで家事もろくにしてなかったことを考えれば
今はほとんどの時間起きているし、
店まで歩いてきて、PCでメールチェックしたりすることもできるし
やはり日にち薬なんだなあと痛感します。

今週何事もなければ、短い時間から復帰しようかなと思います。
動くのもリハビリですしね。


日常日記 | 【2016-02-16(Tue) 16:08:29】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

療養中

2/6に無事退院しました!

ただいま自宅にて療養中です。

1/28に入院、1/29に手術して子宮卵巣を全摘
経過は良好で2/5に抜鈎
(ばっこう。今は糸で縫うのではなくステープラーで止めるので抜糸ではなく抜鈎といいます)
翌日退院でした。

実は退院したらすぐにもっと元気になるかと思ってましたが、
実際はそんなすぐには動けないものなんですね。

退院の日にちょっと長い距離を歩いたら、
次の日出血(傷口ではなく下から)してしまい
無理しちゃいけないんだと思い知らされました。

ほんと少しずつなんですね。

今はちょっと歩いたら休んで寝て、
を繰り返して様子を見てます。

来週になったら、もう少し歩けるようになるかな。

20日に復帰できるかまだわかりませんが
少しずつ回復しているので、また報告しますね。


日常日記 | 【2016-02-10(Wed) 18:10:53】 | Trackback(-) | Comments:(2) | [編集]

Copyright © びすたーり日誌 ~ 東京日野市豊田の女性専用リラクゼーションサロン All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*