FC2ブログ

歩いたり、走ったりするときのテクニック

「意識から身体を矯正する方法」をもうひとつ。

これはランニングのやり方を新聞で特集していたときに
走り方の基本として載っていたものです。

歩いたり、走ったりするときに
腰が動いていないと不効率なのでそれを動くようにするには

胸の中心に脚の付け根があると意識して
そこから脚を動かすようにイメージして、歩く、走る。

そうすると自然に腰が動き、無理なく脚が前に出ます。
腰から動くと、脚の筋肉だけでなく腰の筋肉も動くので
脚の筋肉の負担が減り、疲れにくくなります。
身体のねじれがなくなり、腰の負担も減ります。

加えて、上半身の重みを脚ではなく
おなかで支えるような意識で下腹に力を入れると
さらに脚が軽くなります。

チョコチョコ、ドタドタ歩きが
サッサッと軽快な足運びになりキレイな歩き方に見えます。

ちょっと意識するだけで、身体の動きが変わりますので
やってみてください。

健康よもやま話 | 【2010-05-29(Sat) 18:26:26】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © びすたーり日誌 ~ 東京日野市の女性専用出張訪問アロマサロン All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*